ray horacek
en / ja

raymond horacek works from his tokyo studio or from his suitcase in any number of countries and cities depending on the week. having studied industrial design, his work is an intersection of the industrial arts, physical & mathematical elements from nature, and human beings, and every piece stands on the 3 pillars of logic, emotion, and craft. organic vs. mechanic, control vs. chaos, and gesticulation vs. delineation are some of the recurring contrasts he employs in his concept and artwork generation.

レイモンド・ホラチェックは、東京のスタジオをはじめとして、ときには多くの国や街をおとずれて創作活動をおこなっている。インダストリアルデザインを学んだ経験もあり、彼の作品はインダストリアルアート、人間集団、そして自然界から得た物理的数学的な要素を融合したものであり、作品はすべて論理、感情、技能という3つの柱の上に成り立っている。有機体と無機体、秩序と混沌、動体と描写は、彼のコンセプトと創作活動の流れの中で繰り返し表現される対比である。